お仕事するなら花の都!京都セクキャバ

花の都京都

花の都。京都セクキャバで高収入

昔からの歴史や伝統を引き継ぐ花の都「京都」。古い町並みは海外からの観光客からも大人気で、伏見稲荷大社や、金閣寺、清水寺などは連日賑わいを見せています。また、嵐山や平等院、八坂神社、その他にパワースポットとして人気の名所も多数存在し国内からも四季折々の景色を見にたくさんの人が訪れます。

京都セクキャバのある人気エリア

観光を楽しんだ後、夜の京都は木屋町、先斗町、河原町周辺の繁華街や飲食店街が賑わいます。ここから少し行けば祇園もあり、タイミングによっては舞妓さんや芸妓さんの姿を見ることもできます。この夜の京都を彩るナイトレジャーの1つにセクキャバという業種があります。京都のセクキャバというと、ツーショットキャバクラとも呼ばれ、地域によってはおっぱいパブ・おっパブ・おさわりパブと呼ばれることもあります。京都セクキャバというと大きく2つのエリアに分けることが出来ます。鴨川より東側の祇園縄手度通り周辺と、鴨川より西側にある木屋町周辺です。縄手度通り周辺にはお店が分かりやすい場所に立ち並び、木屋町周辺には飲食店も多く週末には飲み会に行く人達も多い為、少しお店が見つけにくい印象がありますがどちらも人気のエリアです。

京都セクキャバってどんなお仕事?

この京都のセクキャバのお仕事内容はというと、まずはお客様の隣に座って、会話を楽しんだり、飲み物をホールスタッフやボーイに注文します。この1回の接客の時間は10分から20分位で、時間が来ると次の女の子に変わるシステムがほとんどです。接客中にお客様から体へのタッチがある事もありますが、女性によってはタッチの加減を決める事も出来るので無理なくお仕事することが出来ます。またキャバクラの様に「お酒をどんどん飲んで稼ぐ」というという稼ぎ方ではなく「指名や延長で稼ぐ」というシステムを導入しているお店が多いそうです。お仕事している女の子が危ない目に合わない為にも、女の子とお客様との連絡先の交換を禁止しているお店もあるので、キャバクラやラウンジ、スナックなどの様にお客様に営業連絡をする必要がありません。また、お店に集客力があるお店が多いのでお仕事している女性の高待遇と高収入を実現できているエリアだとも言えます。京都のセクキャバはドレスなどのスタンダードなお店以外に「和風キャバクラ」や「メイドキャバクラ」など色々なコンセプトをもつお店があります。どのお店も女の子の着やすいコスプレを用意しているので慣れない方も可愛く着こなせる衣装ばかりで可愛くお仕事することが出来ます。

京都セクキャバにおられるスタッフさん

男性にとっては京都セクキャバは馴染みのある方も居られるかもしれませんが、女性にとってはどの様なお店かも分からなければ、スタッフさんや店長さんもどんな人が気になりますよね?京都セクキャバには女性の面接担当の方も居られるお店もあるようなので、お仕事の不安な事や相談したい事なども気軽に相談しやすくなっております。女性を希望すれば女性の担当に相談が出来ますし、男性スタッフを希望すれば男性スタッフに相談する事が出来るので、自分の話しやすい方に相談する事が出来ます。もちろん入店後にも気になる事や悩み事があれば随時相談する事も出来るようなので入店後のフォローやサポートがあるのも嬉しいポイントです。また京都セクキャバではナイトレジャーでありながら店長さんを始めとするスタッフへの教育が徹底している店舗もあるので、在籍している女性に対してはもちろん、お客様をお迎えする際もとても丁寧に対応しており、仕事への意識は一般の企業の正社員と変わりません。もしも「怖い人が出てきたらどうしよう」とご心配されている方がおられましたらご安心ください。スタッフさんの中にはお昼間サラリーマンから転職された方もおられるので、見た目もそうなのですが、話してみた印象も優しい方が多いです。京都キャバクラのスタッフさんの対応は在籍されている女性からも好評の様です。